よくある質問

  • Q. 投資関連業務の経験やICT関連の知見は必要ですか?
    投資関連業務の経験があることが望ましいです。
    ICT関連の知見もあることが望ましいですが、知見がなくても、強い興味がある方であれば歓迎します。
    アソシエイトの場合は、経験や知見がなくても、強い興味や能力があれば総合的な適性により判断します。
  • Q. 求める人物像を教えてください。
    チームワークやコミュニケーションが重要となるため、協調性・柔軟性・受容性の高い人材を求めています。
  • Q. どのような業界出身者が活躍できますか?
    金融(ファンド、銀行)、会計事務所、コンサルティングファーム、ICT事業会社(通信、メーカー)及び官公庁出身者等がおり、それぞれの経験を生かし、チームを組んで案件に取り組んでいます。
  • Q. 入社後の研修はありますか?
    社内規程や投資検討プロセスに関する研修のほか、必要に応じて外部のセミナーに参加いただくことがあります。
  • Q. キャリアパスについて教えてください。
    業界未経験の方や経験の浅い方は、アソシエイトからスタートします。業界経験のある方は経験・能力に応じてヴァイスプレジデントからスタートします。その後、ディレクター、マネージングディレクターとキャリアアップすることもできます。
  • Q. 勤務地はどこになりますか?
    基本的には東京本社での勤務となります。プロジェクトにより、海外出張などの可能性があります。
  • Q. 英語力はどれくらい必要ですか?
    ヴァイスプレジデント以上はビジネスレベルが求められます。アソシエイトはビジネスレベルであれば望ましいですが、それ以下の場合でも経験による向上を期待したうえで判断します。
  • Q. 配属部署や担当案件はどのように決まりますか?
    配属部署については、本人の希望を考慮しつつ、経験や社内リソースを踏まえ判断します。
    担当案件については、自ら発掘した案件において3~4名のチームを組成し、案件検討、投資決定・実行からバリューアップ・モニタリング、EXITまでを一貫して担当することとなります。
  • Q. 支援の対象となる事業は?
    JICTの設立根拠法において、JICTの支援対象となる事業は次のとおりです。
    ・海外で行われる通信・放送・郵便事業
    ・上記事業を支援する事業
    また、以下の1または2を、パッケージで行う事業であることが必要です。
    1.通信・放送・郵便に係るインフラの整備とその運営・維持管理
    2.1と当該インフラを活用したICTサービス・放送コンテンツの提供等
    なお、事業展開国に限定はありません。
  • Q. 支援額はどれくらいですか?
    現時点では、支援額の上下限は特に設けておりませんが、投資検討に必要なコスト等を踏まえて判断することとなります。

    【参考】弊社の支援決定案件
    < 案件名 > 欧州における電子政府ICT 基盤整備・サービス提供事業
    < 支援決定日 > 平成31年2月28日
    < 支援決定額 > 11.2 億デンマーク・クローネ

    < 案件名 > ミャンマー連邦共和国における放送番組制作設備・スタジオ設備整備及び放送コンテンツ提供事業
    < 支援決定日 > 平成30年3月9日
    < 支援決定額 > 約14 百万米ドル

    < 案件名 > 日本・グアム・豪州間光海底ケーブル事業
    < 支援決定日 > 平成29年11月28日
    < 支援決定額 > 44.5 百万米ドル

    < 案件名 > 香港・グアム間光海底ケーブル事業
    < 支援決定日 > 平成29年1月20日
    < 支援決定額 > 50.5 百万米ドル

    (注)支援決定額については、支援決定を行った上限額を示しています。
  • Q. 支援のストラクチャー例にはどのようなものがありますか?
    日本企業と共同出資し、海外JVの設立や海外子会社の設立、海外事業の法人化を行ったり、株式を取得することで、海外企業のM&Aをする場合があります。